2013年4月23日火曜日

~リスク、経験からの報告~第二回その二(井上喬)

「お詫びと訂正です。
第二回 その一の冒頭部分で「東南海地震」の発生を、1994年と二ヶ所で表現しましたが、実際は1944年の発生でした。
恐縮ながら、訂正ください。
1944年に中学3年生?歳がバレちゃいました)

第二回 「天災の前と最中とその後のお話」その二
               -偶然と機転のお話し、その続き-

余震がいっぱい来るのには困った。
食事の時にグラット来たら、汁けのものを持って中腰に。でも便所の大は参った。新聞や藁を探して来て先にほりこむのやけど完全ではなかった。
そんな時、工場でかなりの余震が来た。立てかけの型鋼が左足の甲に落ちた。裸足やったので、きつうやられた。何日もウミとも血とも分からんのが続いた。雪の振った日など、足跡の中に赤く残った。「ノンキ(私のあだ名)ええのけ」といってくれるが、診療所へ行っても良くならなかった。
地震の後、工場は元に戻らなかった。
 それは、おみくじを引いたら「大凶」をもらったようなものと今になって思います。ではそこから何か得たものがあっただろうか、「機転」「智慧」そして「教訓」です。
(1)機転、とっさの時、つまり身の危険に出会った時にどうするかということです。
 ①「一瞬の判断と、それに続く行動です。」
それは、瞬時に危険の度合いを判断し、妥当な対処法を見出し、そして行動することです。私は運命により実践訓練を強いられました。体感に勝る訓練はないようです。是非皆さん地震の模擬体験にトライされる事をおすすめします。そして、瞬時に安全サイドを見つけて、そこにむかって行動出来る、身体の情報と行動連携を確認される事です。
一瞬にして最短を確認出来る判断力を実行します。
 ②装置も同様に訓練が要ります。
永く重機器メーカーに勤務しておりましたが、大きな地震に遭遇した時に肝心の非常用発電器が動かなかったという事例を数多く識らされました。
「燃料が入ってなかった」「線とかパイプがつながってなかった」「操作方法がわからなかった」「起動用のバッテリーが充電されてなかった」云々です。手術中の病院の停電も聞きました。
 ③とくに乗物には気をつかわねばなりません。
運転中に何かおこったらどうしよう。ジェット機はエンジンが止まったら、墜落します。先般の高松空港へのB-787の不時着は、まだ高度が余り高くなかったので無事着陸する事が出来ました。
プロペラ機はエンジンが止っても、なんとか降りて来る事が出来ます。そんな事で私はジェット機が好きではありません。他力で移動する事のリスク、一瞬の判断、動作が大事になります。
 ④加齢と動体視力
先日眼科医にまいりました。加齢と毎日長時間のパソコンは、「動体視力」に影響ありますよと、早速に車を降りました。時々、「自分はこの歳やけど、運転してるぜ」と自慢される方がおられます。交通不便の地ならば別でしょうが、都会地では、ほめた話ではないと思います。

リスクの局限とは、「停止」だということを少し軽んじる傾向がある昨今です。それは人の「死」であり、その社会(限定した)の崩壊を意味するものです。

「エピソード」:被害は時として隠したくなるもの。
私の経験した1944年の地震は、日本の報道機関では、被害は軽微と報じられましたが、1944128日と9日のニューヨーク・タイムズ紙では、概要つぎの様に報じられていました。
-以下要註分-

1944.12.08付ニューヨーク・タイムズ紙の記事-

観測員が「壊滅的という程の強烈な地震が、昨日真珠湾攻撃の三周年の日に日本附近を襲った」とのAP電を報道。又連邦放送委員会が中央気象台の「震源は遠州灘の某所」との発表を伝えると共に、世界各地の地震観測所の記録を紹介した。更にこれらの観測データに基づいて、この地震が1923年(関東大震災)を上廻る大津波を伴った大地震であると推定している事を述べ、全米各地の大学の研究施設の科学者も同様の意見である事を報じた。
 翌日の紙上では、APUP電のニュースを基に日本の報道機関が、発生した地震の被害を極力小さく見せようとしている模様を伝えた後、アメリカの地震学者が綿密な分析をもとに、日本の工場地帯が大打撃を受けた為、軍需生産が壊滅状態に落ち入った事は間違いない。「真珠湾攻撃三周年」を迎えた日でもあったから、「天罰だ!」と手を叩いて喜んだと伝えられている。

(以上、学友平沢正夫君が、国会図書館に保存されたニューヨーク・タイムズ紙を翻訳して提供してくれたもの)
皆さん如何でしょう。大地震の感触少しは伝わりましたでしょうか。
そして瞬時の恐怖とは別に報道の恐ろしさも読みとれる一コマだったと思います。

第二回後半-了―